脳の構成

脳は、中枢神経の要で、大脳、間脳、脳幹、小脳から構成される。さらに大脳は、大脳皮質、大脳辺縁系、大脳基底核からなり、間脳は視床と視床下部に分類される。脳幹は、中脳・橋・延髄に分けられ、延髄が脊髄と連結している。脊髄も中枢神経である。中枢神経は修正不可なので、損傷した場合、後遺症が残ることになる。

大脳
大脳皮質は、哺乳類のみが持つ高度脳で新脳・新皮質とも呼ばれる。思考や判断、言語、感覚等を司る。また大脳辺縁系や基底核の制御も大きな役割である。

大脳辺縁系と基底核は、旧脳(皮質)や古脳(皮質)とも呼ばれ、脊椎動物であればすべて持っている脳で本能を司る(大脳皮質は理性)。

間脳
視床は、間脳の最大の器官(神経核)で、嗅覚以外の感覚を集め、その情報を大脳に送る機能を持つ。視床下部自体は小さいが、自律神経と内分泌系の中枢という重要な役割を持つ。間脳は、脳幹に含まれるという記述もみられる。

脳幹は脊髄からの情報を大脳に、大脳からの命令を脊髄に送る伝達路で、中脳・橋・延髄から成る。このうち延髄は、呼吸循環系の制御を司る重要な器官である。延髄が死ぬと(脳幹死)、呼吸循環ができなくなるのでやがて全脳死につながる。ちなみに脳幹以外の脳が機能停止すると、呼吸循環はできるのでいわゆる「植物状態」なる。現医学では回復することは無いと考えられる(中枢神経のため)。

小脳は、大脳からの命令を忠実に再現する運動制御器官である。小脳が発達している人は器用であったり、運動能力が高いと考えられる。

中枢神経である脳と脊髄を守る仕組みとして、脳脊髄膜と脳脊髄液がある。脳脊髄膜は三層から成り深層から「硬膜」「くも膜」「軟膜」に分類される。くも膜下腔と軟膜の間には脳脊髄液があり、脳はそれに浮いている状態になる。さらに脳は「頭蓋骨」に脊髄は「脊柱」に守られている。

以降、各器官を深堀していきたい。

illu_brain3

図出典:山村クリニックHP

大脳 cerebrum
大脳皮質 cerebral cortex
大脳辺縁系 cerebral limbic system
大脳基底核 cerebral basal ganglia
間脳 diencephalon
視床 thalamus
視床下部 hypoyhalamus
脳幹 brain stem
中脳 midbrain
pons
延髄 medulla oblongata
小脳 cerebellum
脊柱 spinal cord
脳脊髄膜 meninges
硬膜 dura mater
くも膜 arachnoid mater
軟膜 pia mater
脳脊髄液 cerebrospinal fluid

引用・参考
・生理学の基本@中島雅美(監修)
・生理学の基本がわかる事典@石川隆(監修)
・脳のしくみ@中村克樹(監修)
・Modern Medical Language@C.Edward Collins, Juanita J. Davies

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中