BMIとFFMI, LBMとFFM

トレーニングマガジンVol62でFFMとFFMIのコラムがあり面白かったので、まとめてみた。

その前にBMI(Body Mass Index)の再確認から。BMIは体格指数と訳され、体重(kg)÷身長²(m²)で求められる。評価は以下の通り

BMI 分類
~18.5 標準体重以下
18.5~24.9 標準体重
25~29.9 過体重(肥満度Ⅰ)
30~34.9 肥満Ⅰ(Ⅱ)
35~39.9 肥満Ⅱ(Ⅲ)
40~ 肥満Ⅲ(Ⅳ 極度の肥満)

出典:ACSM・NSCA(カッコ内は厚労省の判定。厚労省では、過体重または体重過多の評価はせず、 25以上は肥満の判定となる)。

BMIは身長と体重だけで評価するので、筋肉量の多いアスリートやトレーニーの場合、肥満と評価されることが多い。私の場合は、身長175cm, 体重80kgなので、BMIは26.1となり、過体重または肥満度Ⅰとなる(^^ゞ

筋肉量の多い方には、むしろFFMIのほうが実用的かもしれない。FFMIは(Fat Free Mass Index)の略で除脂肪量指数のこと。筋肉量の発達を評価し、除脂肪量(kg)÷身長²(m²)で求められる。FFM(除脂肪量)は当然、(体重-体脂肪量)で求めら、同義語にLBM(Lean Body Mass, 除脂肪体重)がある。FFMとLBMの違いは、essencial fat(骨髄脂肪と細胞膜)を含むか含まないか、含むのがLBMである。計算はFFMと同じで良い。除脂肪量は脂肪を除いた量なので、筋肉、骨、内臓の量となるが、成人の場合、骨や内臓はほとんど変化しないので、除脂肪量の変化はほぼ筋肉量の変化と捉えてよい。

基準はBMIほど明確では無い(大枠では一致するレベル)。以下に二つほど例を示す。

FFMI 分類・判定
~18 平均以下
18~19.5 平均
19.5~21 平均より多い
21~22.5 とても多い
22.5~26 アスリート並
26~28 ドーピング疑惑
28~ ドーピング確実

出典:https://nori-life.com/tdee-ffmi-bmi/

FFMI 分類・判定
~20 一般レベル
20~22 中級トレーニー
22~ 上級トレーニー
25~26 ナチュナルの限界値
26~ ドラッグ使用の可能性

引用:トレーニングマガジンVol62「筋肉談義」P78

ちなみに私のFFMIは、体脂肪率18%とすると、除脂肪量(体重)は65.6kg、FFMIは21.4となり、それなりに筋肉量は多いようである。FFMIはマッチョ指数とも言われる。

引用・参考
トレーニングマガジンVol62「筋肉談義」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中