アルコールについて

アルコールは胃で20%, 小腸で70%吸収され、肝臓で解毒されアセトアルデヒドに分解される。解毒に必要な酵素ADH、ADHが多く分泌される人は酔いが回りにくい。逆に少ない人は酔いやすく、言い換えれば酒に弱いということ。アセトアルデヒドには毒性があるので、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により酢酸に分解する(最終的には二酸化炭素と水に分解され、息や尿で体外に排出される)。

ALDHにはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型はアセトアルデヒドが高濃度の時に働き、Ⅱ型は低濃度時に働く。アセトアルデヒドの分解は主にⅡ型が行うが、それが少ない人は酔いやすい。Ⅱ型が出にくいのは東洋人の特徴で欧米人は顔が紅くならないらしい(私はすぐに紅くなります(^^♪)。

水は大腸で、アルコールは胃と小腸で吸収される。食物と一緒に水を摂ると、糖やミネラルと共に水も小腸で吸収されるが、食物が無ければ小腸では吸収されない。アルコールは胃で20%, 小腸で70%が吸収されるのでアルコールは吸収が良く、水よりも大容量摂取することができる(食事時の水が大量に飲めるのは上記ように小腸で吸収されるため)。

アルコールには脱水作用や利尿作用で血中アルコールおよびアセトアルデヒド濃度が高くなり、早く薄めたいがためにそのサインとして喉が渇く。生理食塩水の場合、小腸で吸収されるので酔いも醒めやすい(食物が入っていれば水のみでもOK)。

アルコールは、7kcal/gとエネルギーを持つが、解毒した上で無いとエネルギーとしては使用できないので効率が悪く、余剰分は当然体脂肪として蓄積する。肝臓のオーバーワークにもなるので、飲み過ぎには注意したいところ。遺伝的リスクが無い場合、一日に日本酒一合、ビール中瓶1本程度なら、疫学的には問題ないとのことだが、休肝日は設けたい。

詳細は、トレーニングマガジンVol.11からだ食堂第11回アルコールを参照してください。お勧めです。

引用・参考
からだ食堂(トレーニングマガジンVol.11)@鈴木志保子
からだのしくみ事典@浅野伍朗(監修)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中