運動時の内臓(肝臓)疲労

疲れが溜まったら、スタミナ定食をはじめとして、脂肪分たっぷりの食事を摂ることも少なく無いと思うが、実際にはそれが間違いということは知らなければならない。逆に肝臓の負担を増やすことになり、内臓疲労の原因になる。

肝臓に負担を掛ける3要素は、過食、アルコール、そして運動。運動時には、筋肉疲労だけではなく内臓(肝臓)疲労を伴うことが多い。筋グリコーゲンが主に使用されるが、脳や心臓のエネルギー源には肝グリコーゲンを分解する必要がある。それで賄いきれなければ糖新生が起こる。糖新生にはアミノ酸が関わるので、その過程でアンモニアが出る。当然、アンモニアは処理されなければならず、腎臓にも負担がかかる。過食やアルコールについては別途。

運動中に動けなくなってきたら、またはそもそもフィジカルパフォーマンスが悪かったら、筋疲労だけは無く内臓疲労も考慮する必要がある。肝グリコーゲンをもう分解できないと、肝臓自体が悲鳴を上げる症状でもあるらしい。ただし、沈黙の臓器は痛みを発さないので「気合が足りん」だけで済まされてしまうこともままあるわけ。。。。

内臓に負担のかかる運動とは、3時間/日を約1か月続けるレベルなので、一般の方にはあまり縁のないレベルかもしれない。中高生(部活)やトップアスリートには定期的(最低週1回)の休みは必要となるわけです。

また、朝練は朝食前に行うことが多いので、その場合は空腹の可能性がある。当然、肝グリコーゲンを過度に使用することになるので、結果、肝臓負担が上がる。気を付けなくてはならない。

内臓疲労は男性に多く、女性には少ないとのこと。理由としては、月経があること。月経は浄化システムなので内臓に疲労が溜まりにくいとのこと。そして、男性に比べると心理的限界が低く、追い込むことができないのも理由の一つ。

特に疲労が溜まった時は、内臓をしっかり休ますことも必要となる。ベストの回復法は当たり前ではあるがbedrestである。 食事は消化の良いうどん(+タンパク質)などが良い。

タンパク質は、3時間ごとに摂るのが、骨格筋にはいいとされている。中には睡眠中にも3時間ごとにタンパク質の補給をしている人もいると聞く。確かに骨格筋には最高のことかもしれないが、肝臓や腎臓にとっては過負荷になり、場合によっては内臓疾患にもなりかねない。休むことなく働く肝腎も休ませることは必要。アルコールも肝腎に負担を掛けるので休肝日は作りたいものです。

詳細は、トレーニングマガジンVol.3からだ食堂第3回内臓疲労を参照してください。お勧めです。

引用・参考:スポーツ栄養学, からだ食堂(トレーニングマガジンVol.3)@鈴木志保子

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中