セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング②

私のポジショニングは、

①持久系競技チーム(アスリート)に対するトータルコンディショニング指導。

元プロボクシング新人王や有酸素トレーニングという強みを持っているので、持久要素の高い競技のトレーニング・コンディショニングがメイン市場と考えています。さらに細かく区切れば、ボクシングや打撃系格闘技、指導実績から水泳(競泳)もターゲットと言えるでしょう。

②弊社ジムでのフリーウエイトベースのパーソナルトレーニング。

自社ジムを持っていてフリーウエイトが充実していることと、自身のフリーウエイト技能という強みを生かしたパーソナルトレーニングです。パワーリフティングをしていることも関係してか、パワーリフティングジム所属の方で、競技には出ない方々の傷害予防指導が結構多いです(最大挙上重量ということに関しては、パワーリフティングジムの先生方々のほうがうまいと思います。ボディビル・ボディメイク然り)。また、若手トレーナーさんからのビッグ3、クイックリフト指導もこのカテゴリーの軸になっています。ちなみに出張はしません。

③トレーナー候補および経験の浅いトレーナーに対するトータル初期教育。

現在の私の最大のキーワードは「初期教育」です。トレーナーとしてのベースを学校に行かなくても実践できる教育の場が最大標的市場です。多くの優秀なトレーナーさんがセミナーを開催していますが、専門性の高いものが多く、むしろベーシックを実践しているのは少なくそれがむしろ差別化になっているのかもしれません。自社ジムやセミナールームを持っているので、低価格でサービスを提供できるのも大きな強みの一つかもしれません。

SWOT分析っぽい投稿になりましたが、SWOT分析についても近々まとめたいと思います。

概論は、下記

https://physicssnagasawa.wordpress.com/2018/08/25/セグメンテーションとターゲティング①/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中