トレーニングの原理・原則

言わずと知れた、トレーニング指導における最重要といっても過言では無い普遍的な原理・原則です。ただ「原理・原則」に関しては、区別されていないことも少なく無く、そういう私も勉強したての頃は、特に同じ言葉として扱っていました(NSCA ジャパンではすべて原則として扱っています)。ここで、まず原理、原則、および法則の意味を整理しておきましょう。広辞苑によると、

原理(principle):もののよって立つ根本法則。認識または行為の根本法則。
原則(general rule):他の諸命題が導き出される基本の命題。
法則(rule or law *自然科学上の法則は law):必ず守らなければならない規範、掟。いつでも、またどこででも一定の条件のもとに成立するところの普遍的、必然的関係。

とあります。原則に関しては、「原理とほぼ同義に用いられるが、原理はむしろ存在の根拠を意味する」と書かれています。

上記を踏まえて、トレーニングの原理は「トレーニングに対する効果はどのように起こるかという、身体適応の基本的な仕組み」、トレーニングの原則は「トレーニングの原理に基づく、効果的なトレーニング方法を構築するための基本ルール」と定義(谷本 2012)し、

トレーニングの 3 原理
1. 特異性の原理
2. 過負荷の原理
3. 可逆性の原理

トレーニングの 5 原則
1. 漸進性の原則
2. 意識性の原則
3. 個別性の原則
4. 全身性の原則
5. 継続性の原則

として考えていきたいと思います。以降、各原理・原則を掘り下げていきたいと思います。

出典, 引用:広辞苑(第 4 版)、コーチングクリニック 2012 年 3 月号 P54,55(谷本)
参考資料:NSCA 決定版ストレングストレーニング&コンディショニング (第 3 版)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中