騒音レベル

ジムの防音工事を終え、防音が強化されたことので、騒音についてまとめてみた。

騒音はdB(デシベル)で表わされ、レベルは下記表の通り。

目安① 目安② 騒音値 騒音発生源と距離(大きさの目安)
(うるささ) (身体/生活への影響) (db)
極めてうるさい 聴覚機能に異常をきたす 120 ・飛行機のエンジンの近く
110 ・自動車のクラクション(2m)
100 ・電車が通るときのガード下
うるさくて我慢できない 90 ・犬の鳴き声(5m)
・騒々しい工場の中
・カラオケ(店内中央)
・ブルドーザー(5m)
80 ・ピアノ(1m)
・電車の車内
・布団たたき(1.5m)
・麻雀牌をかき混ぜる音(1m)
うるさい かなり大きな声を出さないと会話ができない 70 ・騒々しい事務所の中
・騒々しい街頭
・セミの鳴き声(2m)
非常に大きく聞こる。声を大きくすれば会話可能 60 ・静かな乗用車
・普通の会話
・掃除機/洗濯機/テレビ(1m)
・トイレ(洗浄音)
普通 大きく聞こえる、通常の会話は可能 50 ・静かな事務所
・家庭用クーラー(室外機)
・換気扇(1m)
聞こえる会話には支障なし 40 ・市内の深夜
・図書館
・静かな住宅地の昼
静か 非常に小さい音 30 ・郊外の深夜
ほとんど聞こえない 20 ・ささやき
・木の葉のふれあう音

参考:日本騒音調査(ソーチョー)HP http://www.skklab.com/standard_value

 

サッシの遮音性能のはT値で表わされる。T値とは、JIS規格で規定されたサッシの遮音性能(防音性能)を示す数値で、T1, T2, T3, T4の等級がある。今回購入したインプラスを始め、二重サッシは殆どがT4で、一番遮音性能は高い。約40dBの遮音効果があるとのこと。ジム内でフルーウエイトトレーニングをしていても、ベンチプレスやスクワットあたりであれば、50dB辺り、デッドリフトやクイックリフトでプラットフォーム上に落とした場合、60dB程度に抑えられているのではないかと推測される。外からの騒音はほぼ聞こえない。

T値についての詳細は下記参照。

遮音性能
等級無し T1 T2 T3 T4
500Hz以上の遮音性能 15db程度 25db以上 30db以上 35db以上 40db以上
サッシ 普通サッシ 一般的断熱サッシ 召し合わせやクレセント部分の隙間を良くした製品 二重サッシにしないと出来ない
性能表示 等級1 等級2

引用:住まいの水先案内人

http://www.ads-network.co.jp/seinou-kiso/kigou-T.htm

また、当然ながら音は距離による減退効果があり、以下の通り、

距離(m) 減衰量(dB)
2 6
4 12
8 18
16 24
32 30
50 34

引用:日本騒音調査(ソーチョー)HP http://www.skklab.com/standard_value

 

振動については次回!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中