防振工事~ウエイトリフティングプラットフォーム強化

先日、ジムの防振工事を行いました。

元々ウェイトリフティング用のプラットフォームは設置していたので、強度に関しては問題無いのですが、プラットフォームといえど、振動および落下時の音を防ぐことはできません。

最初、某防振緩衝材の会社と話を進めていましたが、調査のみで40万の見積もり、さらに調査次第では適応しないかもしれないと言われたので断念。知り合いの施工業者に相談し、プラットフォームを埋め込むことに。

写真の左は、施工前で床にPVCマットを敷き、その上にプラットフォームを置いただけの状態。
プラットフォーム下を40~50cmほど掘り、5層構造に。1層:断熱材、2層:コンクリート(20cmほど。断熱材を入れないとコンクリートの重さで地盤沈下が起こるとのこと)、3層:SPOLTECでも展示された緩衝材ジムボード、4層:プラットフォーム、5層:プラットフォームのラバー部上にホームセンターで購入した防振防音ゴム。写真だと施工前後の違いはわかりませんね(段差は無くなりました)。

かなり強化され、振動はほぼ抑えられていますが、落とした際の音は、防音ガラスの周波数よりも高音のようで100%は抑えるまでには至らなかったですが、昼間であれば問題無いレベルかもしれません。夜間もある程度コントロールすれば大丈夫かなと踏んでいます。その検証はまた後日!

ジムボード:1枚(90cm x 180cm x 10cm)15,000円(3枚使用)
施工料金:15万円
予定よりもかなり安価で仕上がりした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中